2020年3月30日の週刊少年ジャンプ2020年18号で甲本一先生のマッシュルの10話が掲載されました。

本記事ではマッシュル|最新話10話の「マッシュ・バーンデッドと魔法薬学の課題」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

マッシュル|最新話10話の「マッシュ・バーンデッドと魔法薬学の課題」のネタバレあらすじ

マッシュ達がいるイーストン魔法学校にはアドラ、オルカ、レアンと言う寮があります。

生活は寮単位で行われ、授業や課題活動も同じ寮でグループを作ることが殆どなのです。

マッシュはフィンから銀のコインを5枚集めると金になることを聞かされていました。

そして今日は平和だと呟くマッシュにフィンは課題があると言います。

課題は魔法薬学の課題であり、提出しないと大幅減点で自主退学しなければいけないのです。

そこへランスがやって来て、しかも課題も既に終わらせていました。

「お前らみたいなのがいると寮のイメージを下げかねん」

「恥を知れ」
ランスはこのように言うと、マッシュはランスの妹の写真を見せて彼を後方の壁に吹っ飛ばしたのです。

この事にフィンは唖然としていました。

マンドラゴラ

そしてさっきの事を無かった事にしたランスは課題で使うのはマンドラゴラだと言います。

ランス曰く泣き止ませれば、万能に使える魔法薬の素材になるとの事です。

ランスはお手本を見せると騒いでいたマンドラゴラはあっという間に大人しくなりました。

フィンも始めるも中々泣き止まず、マッシュがやったら逆に凶暴になりました。

見かねたランスはフィンにアドバイスを送り、フィンは言われたとおりにやってみると上手く行きました。

この事からフィンはランスは面倒見がいいのではと思い始めていました。

その頃、マッシュの方のマンドラゴラはさっきより凶暴になっていたので、マッシュは叩いて気絶させました。

薬作り

「コイツを眠らせると普通の薬草になる」

「ここからが調合だ 調合は比較的簡単だ よく見ておけ」
ランスはこのように言うと見事な手際の良さで薬が完成し、フィンは全然簡単じゃないと言います。

対してマッシュは心得たと言って作るが、何故かシュークリームが出来ていました。

見かねたランスはマッシュにアドバイスし、マッシュはその通りにやるとまたシュークリームになっていました。

この事にはランスは唖然とし、戦うこと以外はポンコツだなと言うとマッシュは自信満々にまぁねと言いました。

そしたらランスはもう二度とマッシュには負けないと、魔法局に入らないといけないんだと言います。

マッシュはその理由を察しますが、ランスは言いません。

「だが仮にもお前はオレと互角以上に戦った男だ…」

「どこぞの馬の骨に級硬貨(コイン)を奪われるようなことは」

「このオレが許さん」
ランスはこのように言うと、マッシュは言われなくてもそのつもりだと言うのでした。

レアンの動き

その頃、レアンの者達は支配者にとって相応しいのは高潔なる血と圧倒的な力だと言います。

それ故に神覚者はアドラではなく自分達がなろうと目論んでおり、そのためにコインを奪おうとしていました。

スポンサーリンク

マッシュル|最新話10話の「マッシュ・バーンデッドと魔法薬学の課題」を読んだ感想と考察

次からレアンの者達と戦う事になりそうですね。

コインを奪おうと言っていたレアンのリーダ格の男は3本の線が描かれていましたので、2本の線を持っているランスよりも遥かに強い実力者なのは間違いなさそうですね。

そうなって来ると、マッシュは生まれて初めての苦戦を強いられる程の戦いを彼らとするのではないかなと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事