2020年3月5日の週刊ヤングジャンプ2020年14号のG3井田先生のかぐや様を語りたいの76話が掲載されました。

本記事ではかぐや様を語りたい|最新話76話の「体育祭を語りたい②」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

かぐや様を語りたい|最新話76話の「体育祭を語りたい②」のネタバレあらすじ

藤原はかぐやに体育祭の午後の部に応援合戦がある事を告げます。

同時に応援合戦に出場し、女子生徒の制服を着る石上の事を心配します。

そんな心配をよそにかぐやは自分のを貸したから大丈夫だと言い、藤原はかぐやは優しいと言います。

その会話を偶々かぐやの事を崇拝しているエリカが聞いていたのです。

「石上会計ちょ―――っとツラよろしいかしら?」

エリカは何で貴方がかぐやの制服を着るのと言う黒いオーラを纏いながら言います。

対して石上はこれから応援合戦なのと、またインタビューなのかと思っていたので断ろうとします。

かぐやの制服

エリカは石上に対して今着ている制服はかぐやのものかと尋ねると、石上はその通りだと答えます。

そうなるとかぐやの言葉は真実なのが分かったので、エリカは抱きしめてもいいかと聞きます。

対して石上は人を呼びますよと言ったのです。

それでもエリカはこんなチャンスは二度とないと、責めて制服を写真に収めたいと言っても石上は首を縦に振りません。

その理由はエリカがマスメディア部であり、もしこの事が記事されたら笑い者になるからでした。

「個人的に楽しむだけだから!!」

エリカは興奮気味にこのように言いますが、石上はそれでも断りました。

石上のかれんに対する認識

そんな中、エリカを探していたかれんがやって来て、石上とのツーショットは珍しいと呟きます。

エリカは石上と関わりがあるんだっけと言い、石上は必死に名前を思い出そうとします。

そしたらナマモノ先輩と石上は言ったのです。

かれんは心臓をバクバクさせながら自分は紀かれんだと言い、エリカはナマモノってどういう事と聞きます。

そしたらかれんは生きとし生けるものは皆ナマモノだと言うかれん。

石上は名前を覚えていなかった事をかれんに謝罪し、彼女がエリカと友人なのを察します。

「なんか納得しました」

石上はこのように言うと、かれんは自分はエリカ同様に変人みたいに思われたと感じました。

それ故に不名誉な納得な気がしますと言うのでした。

制服に触れたエリカ

「間も無く午後の部を開始します 生徒の皆さんは速やかに―――」

このような放送が流れ、石上は行こうとします。

そんな石上にエリカは呼び止めてしまった事を謝ると制服に触りました。

そして心の中で触っちゃったと騒ぐエリカ。

余りの嬉しさにエリカは触っちゃったとかれんに言い、かれんは石上に触れて嬉しいのかと聞きます。

エリカは石上が着ている制服はかぐやのものだからと言い、石上の事をナマモノ扱いします。

そしたらかれんは覚えたての単語を早速使うなと突っ込んだのです。

そして他所では使うなとかれんは言うも、エリカはかぐやの制服に触られた嬉しさからかかれんの言葉を聞いていませんでした。

スポンサーリンク

かぐや様を語りたいの最新巻を無料で読むには!

ネタバレを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
以上、かぐや様を語りたい76話のネタバレでした。

漫画博士
文字だけのネタバレを読んでみて、やっぱり絵付きで読みたいと思ったんじゃないかな〜?そんな方に博士がオススメするのがU-NEXTじゃ!

U-NEXTをオススメする理由は以下となります。

U-NEXTオススメの理由

❶31日間の無料キャンペーン中!
❷無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
❸アニメ化された漫画も多数配信中!
❹映画の割引クーポンも多数配信中!(最大1200円OFF)
❺ドラマ・映画・アニメ動画が9万本見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントをもらうことができます。

登録も簡単で数分で完了しますし、解約方法も非常に簡単ですので、この機会にU-NEXTでかぐや様を語りたいの最新巻を読んでみてください!

▼『かぐや様を語りたい』を無料で読みたい方はこちら▼

▼U-NEXTの登録/解約方法はこちら▼

スポンサーリンク

かぐや様を語りたい|最新話76話の「体育祭を語りたい②」を読んだ感想と考察

石上もかれんに対する認識は酷いですが、エリカは石上に対する扱いも悪いなと思いましたね。

かれんも色々誤魔化そうとしたのか、生きとし生けるものは皆ナマモノと言いましたが失言だったんではないかと思いましたね。

生きとし生けるものと言ったらこの世にいる者達全員の事を指していますので、彼女が敬愛する白銀とかぐやも当てはまるので失言だと思いましたね。

きっと我に返った際、自分は何て事を言ってしまったのだと頭を抱えるのが目に見えそうですね。

次回で体育祭編も終わるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事