2020年2月20日の週刊ヤングジャンプ2020年12号で原泰久先生のキングダムの632話が掲載されました。

本記事ではキングダム|最新話632話の「再始動」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

キングダム|最新話632話の「再始動」のネタバレあらすじ

羌瘣によって目を覚ました信の姿を見た仲間達は号泣します。

まだ何が何だか分からない信は彼らによって揉みくちゃになったのです。

そんな中、羌瘣だけ目を覚ましません。

羌瘣と羌象の再会

その羌瘣は白い世界を彷徨っています。

そんな中、羌瘣は羌象と再会するも羌象は呆れていました。

羌象は禁術は自分の命を使って人を助ける術であり、本来は誰も使えないものだと言います。

しかし、羌瘣は信のために禁術を使った事で成功したのだろうと言います。

そして羌瘣が命がけで男を好きになる事があるなんてとからかいながら、何時から信の事が好きなのかと聞きます。

羌瘣は戦う仲間だと言ってはぐらかすも、他の人では発動しなかったかもと言います。

羌象は羌瘣に何時から信の事が好きになったのかと聞くと、彼女は少し悩みます。

やがて初めて会った時からだと言うと、羌象は驚きました。

羌象は妹分が恋をしていたのがムカつくと言い、羌瘣は申し訳なく思ったのか何かごめんと謝りました。

そして羌象は羌瘣にいい事と悪い事を話し始めます。

悪い事はこの禁術を使った影響で寿命が縮まり、この術も使えず、他の術も使えないか弱くなった事です。

羌象は後悔しているかと聞くと、羌瘣は全くときっぱり言います。

そして羌瘣はいい事2つを聞かされてから、意識を取り戻したのです。

目覚める羌瘣

意識を取り戻した羌瘣を多くの人達が喜び、羌瘣は信を見ます。

羌瘣は信に大丈夫なのかと聞くと、信は何だか命を落としていたらしいが生き返ったと口にします。

しかも信は何も覚えておらず、信は羌瘣のおかげで助かったのだと皆が言っていたから本当に助けてくれたのなら有難うと言います。

そしたら別に何もしてないと答える羌瘣。

そんな中、蒙恬と王賁が駆けつけて信の部隊に早く出撃して李牧を追うように命じ、河了はすぐさま部隊に指示を出すのでした。

戦況

信はまだ寝起きの状態で動こうとしながら、蒙恬に戦況を聞きます。

蒙恬は李牧を逃がしてしまい、今追わせているがまだ情報を得られていないと答えたのです。

信は自分がくたばったせいだと己を責めますが、蒙恬は李牧は逃げ切れる自信があったと信を励まします。

それに李牧が撤退した影響で趙軍も鮮やかに撤退していき、要するに趙軍の全ての軍勢が撤退したと言います。

そして李牧は離散した軍勢を集めて鄴を解放するために向かっている事を知った信は急いで追った方がいいと言いました。

蒙恬はそのつもりだと言いつつ、いずれ号令がかかると答えます。

そして一旦喜ぼうかと信に言う蒙恬。

「とにかくまずは」

「この」

「十五日に及んだ」

「朱海平原の戦いは」

「俺達の勝利だ!」
蒙恬はこのように言うと、兵士達は勝利の勝鬨を上げました。

信は余りしっくりと来ていませんでしたが、河了は泣いていました。

スポンサーリンク

キングダムの最新巻を無料で読むには!

ネタバレを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
以上、キングダム632話のネタバレでした。

漫画博士
文字だけのネタバレを読んでみて、やっぱり絵付きで読みたいと思ったんじゃないかな〜?そんな方に博士がオススメするのがU-NEXTじゃ!

U-NEXTをオススメする理由は以下となります。

U-NEXTオススメの理由

❶31日間の無料キャンペーン中!
❷無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
❸アニメ化された漫画も多数配信中!
❹映画の割引クーポンも多数配信中!(最大1200円OFF)
❺ドラマ・映画・アニメ動画が9万本見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントをもらうことができます。

登録も簡単で数分で完了しますし、解約方法も非常に簡単ですので、この機会にU-NEXTでキングダムの最新巻を読んでみてください!

▼『キングダム』を無料で読みたい方はこちら▼

▼U-NEXTの登録/解約方法はこちら▼

スポンサーリンク

キングダム|最新話632話の「再始動」を読んだ感想と考察

生命の危機がありましたが、信も羌瘣も無事で良かったです。

禁術を使った影響がどれくらい出るかは分かりませんが、命があっただけ良かったのではないかと思いました。

今回の戦いは相手を撤退させたので、実質勝利となりました。

それ故に秦軍は間違いなく勢いに乗るはずですので、戦略次第では一気に攻める事になるのではないでしょうか。

しかし、相手も死に物狂いで向かってくる恐れもありますから、慎重にかつ大胆に追撃する事になると思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事