2019年11月11日の週刊少年ジャンプ、2019年50号で堀越耕平先生の僕のヒーローアカデミアの249話が掲載されました。

本記事では僕のヒーローアカデミア|最新話249話の「地獄の轟くん家」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア|最新話249話の「地獄の轟くん家」のネタバレあらすじ

エンデヴァーの独白から始まります。

(これから向き合い、償うつもりだ。自分が家の為に今更何が出来るのか。)

エンデヴァーはそう毎晩考えながら眠りに就いていました。

(最近同じ夢を見る。妻と子らが幸せそうに食卓を囲んでいる。そこに俺は、いつもいない。)

エンデヴァーはまだ、答えが見つからないままでした。

一方、デク達は炎のサイドキッカーズと寝食をともにしていました。
朝に起きてきた者同士で挨拶を変わしています。
エンデヴァーより速く解決する目標はまだ達成できていませんが、デク達3人は着実に成長していました。

デク達は現場で1週間が経ちましたが、ひたすらエンデヴァーを追いかけています。

「集中すればできることを、寝ながらでもできるようにしろ。やると決めた時には既に行動し終わってろ」

デク達に向けて言ったエンデヴァーは、更に速度をあげます。
エンデヴァーは着実にヒーロー任務をこなしながら、頭の片隅で冬美に言われた夕飯につれていく事を考えています。

(家か...ここまでヒーローとして接してきて...家だと...しかし!)
(冬美よ...俺がおまえにどれ程救われているか)

No1ヒーローとしての自分と、轟家として自分でエンデヴァーは葛藤します。
しかし、冬美の想いを尊重したいエンデヴァーは悩んだ末に決心しました。

「いくぞ!」

エンデヴァーの言葉に、勢いよく返事をするデク達三人。
たどり着いた先は轟家でした。

轟家の夕食 ささやかなひと時

轟家は日本家屋の佇まいをしていて、大きな家です。

なんでだ!と声を荒げる爆豪に、轟は姉さんが夕飯に誘った事を伝えます。
さらに何でだ!と納得いっていない爆豪に、友だちを紹介してほしいって。と轟がさらに答えました。

「今からでも言ってこい。やっぱ友だちじゃなかったってよ!」

さすがのデクも爆豪を窘めます。
その3人のやり取りを背に、エンデヴァーの額には汗が滲んでいました。

「忙しい中お越し下さってありがとうございます。初めまして、焦凍がお世話になっております。姉の冬美です!」

家では冬美が、デク達を出迎えてくれました。
自分のわがままで突然夕食に誘った事を冬美は謝ります。
でも、デクは友だちの家に呼ばれるなんてレアだと喜んでいました。

夕食を囲むデク達。
その席にはエンデヴァーと、夏雄の姿もあります。

「どれもめちゃくちゃ美味しいです!この竜田揚げ味がしっかり染み込んでるのに衣はザクザクで仕込みの丁寧さに...」
「飯まで分析すんな!てめーの喋りで麻婆の味がおちる!」

デクが料理のおいしさを褒めると、冬美が喜びます。
そして、デクの料理へのコメントの細かさに、いつもの突っ込みを入れる爆轟。
和気あいあいとした雰囲気が流れます。

「そらそうだよ。お手伝いさんが腰やっちゃって引退してから、ずっと姉ちゃんが作ってたんだから。」

夏雄の言葉に、なるほどとデクは感心しっぱなしです。

「夏もつくってたじゃん。かわりばんこで」
「え!?じゃあ俺も食べてた!?」

冬美が言った夏雄も作っていたという言葉に、轟は目を丸くして問いかけます。
夏雄は自分の味付けは濃かったからと歯切れがよくありません。

「エンデヴァーが止めてたかもな。」

夏雄の言葉に、あたりに緊張が走ります。
冬美は夏雄を制しつつ、それでも笑顔を絶やさずに、轟に学校でどんなのを食べているのかを聞きました。

「学食で「気付きもしなかった今度...ムッ...」

轟が答えようとすると、エンデヴァーの言葉がかぶってしまいます。
高まる緊張感。

「ごちそうさま。席には着いたよ、もういいだろ。ごめん姉ちゃん、やっぱムリだ...。」

冬美が呼び止めますが、夏雄は退席してしまうのでした。

わだかまりが燻る中 それぞれの想いは

食べ終わって食器を洗うエンデヴァー。
デクと爆豪は、皿を台所まで運ぶのを手伝っているようです。

「ていうか、かっちゃんも知ってたんだ。」
「は?俺のいるところでてめーらが話してたんだよ。」

二人は聞こえないように、小さな声で話をしていました。

食事をしていた部屋では、冬美と轟が片づけをしています。
浮かない表情を浮かべる冬美は、自分の想いを轟に打ち明けました。

「私だって夏みたいな気持ちがないわけじゃないんだ...。でも...チャンスが訪れてるんだよ...。」

冬美は、轟にお父さんの事をどう思っているのか問います。

「この火傷は親父から受けたものだと思ってる。お母さんは耐えて耐えて...あふれてしまったんだ。お母さんを蝕んだあいつを、そう簡単に許せない。」

少し考えた後、轟はそう言います。

「でもさ、お母さん自身が、今、乗り越えようとしてるんだ。正直...自分でもわからない。親父をどう思えばいいのか。まだ...何も見えちゃいない。」

轟が言い終わると同時に、襖を開けて爆豪とデクが現れます。

「客招くならセンシティブなとこ見せんなや!!」

まだ洗いもんあんだろが!と爆豪は声を荒げてます。

はっとして謝る冬美。
デクは慌てて、轟から事情は伺っていると冬美をフォローします。

「晩飯とか言われたら、感じ良いのかと思うわフツー。四川麻婆が台無しだっつの!」

ぶつくさいいながらも、食器を片付けていく爆豪。
聞こえてしまったとデクは謝ります。そして、自分の考えを轟に伝えます。

「轟くんはきっと、許せるように準備をしてるんじゃないかな。」

呆気にとられる轟に、デクは続けて言います。

「本当に大嫌いなら”許せない”でいいと思う。でも君はとても優しい人だから、待ってる...ように見える。」

そういう時間なんじゃないかな。という轟に向けたデクの言葉は、その場にした冬美に、残っていた夏雄に、偶然廊下を通ったエンデヴァーにも聞こえていました。

(待ってる...か。)

仏壇に供え物をするエンデヴァーは、自分が家の為に今更何ができるのかを考えます。

(最近同じ夢を見る。おまえもそこにいてほしかった。)

仏壇に飾られていたのは、轟家長男の燈矢の遺影でした。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミアの最新巻を無料で読むには!

ネタバレを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
以上、僕のヒーローアカデミア249話のネタバレでした。

漫画博士
文字だけのネタバレを読んでみて、やっぱり絵付きで読みたいと思ったんじゃないかな〜?そんな方に博士がオススメするのがU-NEXTじゃ!

U-NEXTをオススメする理由は以下となります。

U-NEXTオススメの理由

❶31日間の無料キャンペーン中!
❷無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
❸アニメ化された漫画も多数配信中!
❹映画の割引クーポンも多数配信中!(最大1200円OFF)
❺ドラマ・映画・アニメ動画が9万本見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントをもらうことができます。

登録も簡単で数分で完了しますし、解約方法も非常に簡単ですので、この機会にU-NEXTで僕のヒーローアカデミアの最新巻を読んでみてください!

▼『僕のヒーローアカデミア』を無料で読みたい方はこちら▼

▼U-NEXTの登録/解約方法はこちら▼

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア|最新話 249 話の「地獄の轟くん家」を読んだ感想と考察

エンデヴァーのヒーローとしての面に引き続き、今回は轟家を掘り下げたお話でした。
お互いに歩み寄ろうとしている姿勢が見えるだけに、今までの事がしこりになって、簡単にはいかない所にやきもきさせられます。

長男としてシルエットだけは出てきていた燈矢くんは、やはり亡くなっていましたね...。
薄々とそんな気がしていましたが、改めて轟家の根が深いことを痛感させられます。

今回は轟家の問題に完全にとばっちりをくらったデクと爆豪ですが、それぞれ言いたいことは言うタイプと、寄り添えるタイプ、二人の持ち味が発揮されていました。
暗い鬱々とした雰囲気が続かなかったのは、轟家にとっても兆しなんじゃないかなと思います。
来る大規模戦闘の前に、轟家のわだかまりが解消されることを、一読者として応援していきたいです。
これからの展開も楽しみですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事