2019年11月13日の週刊少年マガジン、2019年50号で猪ノ谷言葉先生のランウェイで笑っての117話が掲載されました。

本記事ではランウェイで笑って|最新話117話の「調子いい」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

ランウェイで笑って|最新話117話の「調子いい」のネタバレあらすじ

育人たちのバッグつくりも佳境に迫っていました。

記事が届き、慌ただしく作業が始まります。

「明日の何時まででしたっけ!?」

「14時!」

育人の問いに美依が答えます。

花丘も徹夜で奮闘をつづけます。

時は流れて、日付が変わりました。

「花丘くんできました!?」

作ったバッグを抱きかかえるように育人は問います。

それに花丘はうるさい!と答えます。

パーツが完成し育人を送り出す花丘。

時計は14時23分を回っていました。

「時間が...っ」

育人の顔に焦りが滲みます。

育人が事務所を出ると、そこには車に乗った美依が待っていました。

シザードア搭載の高級車を見て、引く育人。

そんな育人をお構いなしに、美依ははやく乗ってと伝えます。

育人と千雪の再開 一歩ずつ前に

「ごめん、千雪ちゃん遅くなっちゃって。」

美依は待っている千雪の元に駆け寄ります。

そして、いきなりライン教えて!と美幸に言いました。

ラインを教えている最中に、千雪と育人の目が合います。

「顔色悪い。老けてる。」

千雪の指摘に、はははと乾いた笑いの出る育人。

「千雪さんは今日なんだか...綺麗ですね。」

育人の言葉に千雪はそっけなく返事しました。

その様子に、美依は内心おや?と思います。

千雪は育人に、寝なさ過ぎて変になっているんじゃないかと言います。

しかし、育人にとっては寝てないより車酔いの方がきつかったようです。

美依は千雪の表情を窺うと、恥ずかしいようなしかめっ面を浮かべており、その様子にピンと来ていました。

「そっかそっかそっか~。じゃあおじゃま虫ちゃんはね、退散しよっかな。」

あとはお願いね、とむらきゅん。と言いながら美依は先に帰っていきました。

「”きゅん”って、どんな仲なの。」

千雪の問いに、初めて呼ばれたと育人は答えます。

「でも、びっくりですね。世間って狭い。」

育人は、独り言のように口にします。

そんな育人に、お互い忙しくて顔合わせてなかったと千雪は育人に近寄ります。

「久しぶり!なーんで嬉しそうにしないんだ。」

千雪の言葉に、戸惑う育人。

育人は以前TGCには出ないと宣言した事が引っかかって、素直にうれしがれないようです。

「聞かれたら答えちゃいますから、聞かないでほしい...。」

育人は聞かないでほしいと口にしますが、千雪は言うように諭します。

育人は、はやく自分のブランドを持とうと思い、TGCの参加を見送ろうとしたことを話します。

千雪は更に急にどうしたのかと聞いてきました。

「パリコレ...いきたくて。」

育人が答えると、千雪も応えるように言います。

「ん、じゃあ一緒にいこっか。」

千雪の言葉は、育人の心に染みわっていきます。

(もしこれが遠回りだとしても、それでもやっぱり、嬉しい。)

千雪もいろいろと考えていること、二人でパリコレを目指せることが純粋に嬉しいと感じる育人。

「お願いします。自信作です。」

自分たちで作ったカバンを千雪に託します。

それをしっかり受け取る千雪。

「じゃあ、時間だから行くね。」

育人と別れた千雪は、バックを肩に下げ、歩き出します。

「さて、どう渡すかな。」

千雪が向かった先は、TGCスペシャルコレクションのオーディション会場でした。

TGCスペシャルコレクション

千雪のTGCの参加は決まっています。

でもそれは、あくまで数十行われる内の”1つ”にオファーがあっただけに過ぎません。

(他に出たいショーがあるなら、自分で掴むしかない。)

千雪はこのショーには絶対出ないとと意気込みます。

「たぶん、国内のどのオーディションより”世界”のレベルに近い。」

審査員の席には、”Terumi Kaji”の姿があります。

千雪の言っていた”会う”とは、オーディションという意味でした。

オーディションに参加するメンツは、本物のモデルばかりです。

パリのオーディションのような雰囲気ですが、千雪には心強いものがありました。

『千雪さんは今日なんだか―綺麗ですね』

「わたし今日、調子いいらしいし。」

すがすがしい表情をみせる千雪は、受付を探します。

千雪に声をかける人物がいました。

「なんだ...お前も受けるのか。」

ボン・ルージュのマネージャー長谷川優がそこにはいました。

スポンサーリンク

ランウェイで笑っての最新話を無料で読むには!

ネタバレを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
以上、ランウェイで笑っての117話のネタバレでした。

『ランウェイで笑って』の最新話ですが、せっかくなら文章だけじゃなく、描写されているマンガで読んでみたいですよね。

U-NEXT(という配信サービス)なら、週刊少年マガジンで『ランウェイで笑って
』の最新話を今すぐ無料で読むことができるので、ぜひ試してみてください!

漫画博士
登録後すぐに600ポイントを無料でもらえる上に、31日以内に解約すれば月額1,990円を支払わず0円で済ませられるんじゃ!

U-NEXTをオススメする理由は以下となります。

U-NEXTオススメの理由

❶31日間の無料キャンペーン中!
❷無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
❸アニメ化された漫画も多数配信中!
❹映画の割引クーポンも多数配信中!(最大1200円OFF)
❺ドラマ・映画・アニメ動画が9万本見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントをもらうことができます。

登録も簡単で数分で完了しますし、解約方法も非常に簡単ですので、この機会にU-NEXTで週刊少年マガジンで『ランウェイで笑って』の最新話を読んでみてください!

▼『ランウェイで笑って』を週刊少年マガジンから無料で読みたい方はこちら▼

▼U-NEXTの登録/解約方法はこちら▼

スポンサーリンク

ランウェイで笑って|最新話117話の「調子いい」を読んだ感想と考察

育人達は無事にカバンを完成させられましたね。
綺麗な仕上がりに、ほっと胸をなでおろしました。

千雪と育人のやり取りでは、離れていても二人三脚のように支えながら進んでいく様子に、成功を祈るばかりです。

千雪はカバンを渡せるのか。
オーディションの結果はどうなるのか。
今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク
おすすめの記事