2019年11月11日の週刊少年ジャンプ、2019年50号で田畠裕基先生のブラッククローバーの228話が掲載されました。

本記事ではブラッククローバー|最新話228話の「冥域の魔道士」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

ブラッククローバー|最新話228話の「冥域の魔道士」のネタバレあらすじ

離れ離れになっていたアスタ達は合流することができました。

喜び合っていると、ガジャが王女がお見えになります。と伝えます。

現れたハート王国王女に、息をのむミモザとノエル。

(荘厳で美しい...それに計り知れない膨大な魔力...!)
(これが...ハート王国王女...!)

王女を見たフィンラルは、テンションがあがってしまいます。

「なんっっってお美しいんだァァァ~~!!アナタはまさにこの地に舞い降りた女神ですっっ!!」

言い終わった後、フィンラルは自分の言葉にそうじゃないだろ!と自己ツッコミを入れて、頭を床に打ち付け悶絶します。

「クローバー王国の皆さん...アナタ方の力をお貸しください」

王女がアスタ達に向かい助力を乞います。しかし、自分のスカートの裾を踏んでしまい、転んでしまいます。

「ああっっもう、ロロペチカったら!王女らしくしないとっっ!」

ウンディーネは、王女を抱き起こしながら鼻血を心配します。

でも、そんな王女もカワイイと言ってしまうウンディーネ。

その様子を見ていたジャギは、額にそっと手を添えます。

「だから直々に会わない方がいいと言ったのに...」

悪魔を倒す鍵は 冥域の魔導士の力

「なんでオレ達の力が必要なんだ?」

ハート王国の強さを知ったアスタは、ハート王国王女に問いかけます。

「先ほど悪魔との戦いは一域以上でないと、ついていけないと言いましたが...零域でも悪魔にトドメをさすことは出来ないんです。」

アスタの問いに王女が答えます。

自然のマナの力を借りて強力な魔法を使える精霊守でも、悪魔を倒すことはできないと断言したのでした。

だからこそ、クローバー王国で発達した自然とは違う変わった魔法。

その中で生まれたイレギュラーに、悪魔を倒せる可能性を持った人がいる。と王女は言います。

「時間魔法の魔法帝ユリウス・ノヴァクロノさんや...闇魔法の黒の暴牛団長ヤミ・スエヒロさんのような...!」

「ユリウスさんはその力の大半を失ってしまったようですけど...」

(そんなことまで...!!この人は一体どこまで...!?)
クローバー王国の内情を知る王女に、ノエルは驚きます。

「アナタ達のような不可解な力を持った方々を...冥域と呼んでいます。」

禁術を使用した古の封緘魔法のセクレ。

魔力は無いけど、反魔法を手にできたアスタ。

二人の事を、王女は冥域と判断していました。

「悪魔を倒すために冥域の力を貸してください...!代わりに私が出せる情報は何でも提供します。」

クローバー王国とハート王国の協力 打倒メギキュラ

力を貸してほしいと言う王女の言葉に、困惑するアスタ達は、通信魔道具でヤミ団長に聞いてみることにします。

しかし、ウンコ中だと取り合ってもらえませんでした。

「こんなこともあろうかと、マルクスさんの通信魔法にコンタクトできる魔道具をお借りしてきました。」

ミモザが通信魔道具を取り出し、マルクスと繋ぎます。

「ミモザさん何かあったかな?...!もしかしてその方は...」

「ハート王国の王女様だねッ!!」

勝手にでてくるユリウスに、マルクスが注意します。

小さいことを知られない為の注意でしたが、もう既に王女には知られています。

助力の話をすると、ユリウスは快諾してくれました。

「もちろん良いさ!君達が得るものも大きいかもしれないね!なんなら私もそっちへ行きたいくらいだよ!」

「交渉成立ですね!よかった」

パっと笑顔になる王女ですが、すぐに表情を暗くします。

「でも今のままですと、皆様まとめて簡単に殺されてしまいます...」

スペードの悪魔はそんなに強いのかと問うアスタに、王女はアスタ達が戦った悪魔以上だと答えます。

(あの時は初代魔法帝とエルフの長ってゆー、とんでもねー人たちの助けがあったから何とか勝てただけだ...!)

もっと強くならないとと気を引き締めるアスタ。

ガジャの頬の傷も、その悪魔につけられたものだと王女は語ります。

さらに、魔法帝からもガジャの実力を後押しします。

(ダイヤモンド王国があの状況の今...彼ら魔法騎士に強くなってもらうしかない...!)

魔法帝はそう考えていました。

また、ハートの王女もわかっているはずと推測します。

「悪魔メギキュラはスペード王国に巣食い...スペードの人達を利用して力を蓄えています...!クローバー王国やハート王国...他の国を攻め落とすために...!」

王女の言葉に緊張の走るアスタとノエル。

「このままでは私も呪いで一年で死んでしまいます...私の力が弱まる前に、こちらからスペード王国に攻めたい...。」

期間は半年、少しでも戦力が必要だと王女は告げます。

「悪魔と戦える可能性を持った方々を集めてください...。第零域の精霊守5人がアナタ達を強くします。私達を修行をし、半年後共に戦ってほしい..!!」

王女の願いを一進に受けるアスタ達は、気合を込めます。

「こちらからも、お願いします!!」

そして物語は、半年後になります。

スポンサーリンク

ブラッククローバーの最新巻を無料で読むには!

ネタバレを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
以上、ブラッククローバー228話のネタバレでした。

漫画博士
文字だけのネタバレを読んでみて、やっぱり絵付きで読みたいと思ったんじゃないかな〜?そんな方に博士がオススメするのがU-NEXTじゃ!

U-NEXTをオススメする理由は以下となります。

U-NEXTオススメの理由

❶31日間の無料キャンペーン中!
❷無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
❸アニメ化された漫画も多数配信中!
❹映画の割引クーポンも多数配信中!(最大1200円OFF)
❺ドラマ・映画・アニメ動画が9万本見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントをもらうことができます。

登録も簡単で数分で完了しますし、解約方法も非常に簡単ですので、この機会にU-NEXTでブラッククローバーの最新巻を読んでみてください!

▼『ブラッククローバー』を無料で読みたい方はこちら▼

▼U-NEXTの登録/解約方法はこちら▼

スポンサーリンク

ブラッククローバー|最新話228話の「冥域の魔道士」を読んだ感想と考察

悪魔メギキュラは、予想以上に手ごわい敵のようですね。
アスタ達は戦いに備えて強くなるために、ハート王国の精霊守が修行をつけてくれる展開になりました。
アスタ達は5人、精霊守も丁度5人なのでマンツーマンでの修行になるのでしょうか?
ただ、次のお話はいきなり半年後のようなので、修行風景は掘り下げはなさそうです...少し残念な気もしますね。

最後のページでは、ユノをはじめ、ラック、チャーミー、レオポルド、リル、シャーロットなどが描かれていたので、活躍してくれそうな気がします。

次の展開が楽しみです!

スポンサーリンク
おすすめの記事