2019年11月11日の週刊少年ジャンプ、2019年50号で(原作)岸本斉史先生・(作画)大久保彰先生のサムライ8八丸伝の26話が掲載されました。

本記事ではサムライ8八丸伝|最新話26話の「侍らしく」のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります。

※ここから先ネタバレ注意です

スポンサーリンク

サムライ8八丸伝|最新話26話の「侍らしく」のネタバレあらすじ

骨河はアンを人質に取ろうとしました。

しかし、八丸が間一髪でアンを守り、骨河は八丸に殴り飛ばされてしまいます。

その様子を見た弁は計画が失敗したことに舌打ちします。

何が起きたのかアンは怯えます。

「もういい...骨河こっちへ来い。次の手だ。」

弁の指示で、弁の元に行く骨河。

八丸は骨河に、これがお前の正体かよ!?と問いかけます。

「誰にも言いたくねェ秘密の1つや2つはあるって言ったよな。その理由がコレだ。」

弁のキーホルダーの一部を操作しながら、骨河は答えます。

「骨河...どういう事だ?」

「わりーな竜。お前の”鍵”を弁に売りつけようと思いここへ連れて来た。途中で良さげな猫侍と新米の”鍵”も手に入ったしな。」

竜は問いかけに、自分の目的を話す骨河。

その骨河が裏切り者だという事を、達麻は薄々気づいていたようです。

骨河が操作のボタンを押すと、地面から大量の人型ホルダーが現れました。

『県下星はホルダーの廃棄処理場として利用されていました。今は星ごと廃棄されています』

達麻の鍵に搭載されたAIが説明します。

「なるべく鍵は傷付けるな...テロメア値を下げたくはない。陽動に専念しろ」

弁は骨河にそう命令しました。

骨河の過去 その爪痕

「これが侍のやる事かよ!骨河!卑怯者じゃねーか!」

人型ホルダーを斬りながら、八丸は骨河に向かって声を張り上げます。

そんな八丸に、骨河は開き直ったように、自分は侍じゃないと答えました。

「武神にビクついてるてめーらサイボーグ共と、このオレを一緒にすんじゃねェ!!」

さらに、新米が急に侍ぶったところで、何ひとつ変わりはしないと骨河は言いました。

骨河の脳裏に、幼い頃の記憶がよぎります。

「あの子は失敗だ。侍にはなれん。切腹の儀式の成功率は2%もないそうだ。もう遮那家を継ぐ事はできないのだ。期待するな家の恥にしかならぬ。」

壁一枚を挟んで、親と思われる人物が話す声を、骨河は聞いてしまいます。

「そんな...あの子がどれほど苦労して...」

「それが事実だ。別の子を取る他ない。」

幼い骨河にとっては衝撃的な内容で、その瞳には涙が溢れました。

そんな古い記憶を思い出した骨河は、八丸に言います。

「その猫もいずれお前に失望する!素直にここでやられておけ!」

弁がキーホルダーと共に、八丸達に飛びかかってきました。

達麻は弁のキーホルダーに技をくりだし、八丸に人形ホルダーを任せます。

達麻の攻撃に弁は僅かにひるみますが、すぐに鎧を纏い激しく打ち合います。

一方、他の侍たちも人形ホルダーと戦いを繰り広げていました。

そこに、ひときわ大きい人型ホルダーが現れます。

「こいつは弁が作った対侍用の特殊人形ホルダーだ!これで終わりにしてやる!」

「骨河...お前にとってそのオモチャをくれた”弁”ってのは何なんだ!?信用できんのか?そいつだって侍だろ!?」

人型ホルダーを操る骨河に、八丸は問いかけます。

それを笑う骨河は、信用が形になったものが金で、自分と弁は金で繋がっていると答えました。

そして骨河は、八丸を騙しているのは猫の方かもしれないと言い出すのでした。

骨河の言葉を聞いた八丸 その心は一切揺らがず

「少しの間お前を見てて思った。...お前はうまく乗せられ侍ぶって振る舞ってるが...侍の器じゃねェ!」

失望されても変わらないままでいられるのかと訴える骨河。

巨大な特殊人型ホルダーから、大量のミサイルが放たれます。

八丸はアタとの事を思い出します。

(師匠はアタを信頼し、侍とはどうあるべきかを親身になって教えてきたはずだ。けど...失敗し失望した。そして今はオレが師匠の新たな弟子...)

あの時、八丸は達麻に自分の事を信じてくれるんですねと聞きました。

そして、達麻は八丸の目はアタとは違うと答えました。

(あの時からオレは”侍らしく”振る舞うと決めた!)

八丸の決心は今も変わらず、揺るぎません。

巨大な特殊人型ホルダーを真っ二つにした八丸は、あっという間に骨河に詰め寄りました。

「侍ぶって見えようが、師匠がどう思おうが、失望されたかどうかはオレが決める事にするよ。」

スポンサーリンク

サムライ8八丸伝の最新巻を無料で読むには!

ネタバレを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
以上、サムライ8八丸伝26話のネタバレでした。

漫画博士
文字だけのネタバレを読んでみて、やっぱり絵付きで読みたいと思ったんじゃないかな〜?そんな方に博士がオススメするのがU-NEXTじゃ!

U-NEXTをオススメする理由は以下となります。

U-NEXTオススメの理由

❶31日間の無料キャンペーン中!
❷無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
❸アニメ化された漫画も多数配信中!
❹映画の割引クーポンも多数配信中!(最大1200円OFF)
❺ドラマ・映画・アニメ動画が9万本見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントをもらうことができます。

登録も簡単で数分で完了しますし、解約方法も非常に簡単ですので、この機会にU-NEXTでサムライ8八丸伝の最新巻を読んでみてください!

▼『サムライ8八丸伝』を無料で読みたい方はこちら▼

▼U-NEXTの登録/解約方法はこちら▼

スポンサーリンク

サムライ8八丸伝|最新話26話の「侍らしく」を読んだ感想と考察

八丸の決心が揺るがない、これが箱の鍵に選ばれた彼の力ですね。
どんどん侍として成長していってくれている姿が、一読者として嬉しく思います。

骨河の過去が明かされましたね。
少しひねくれた所のある骨河ですが、それは幼少期に親に失望されたことが、心の傷として残ってしまっていたからなんだと思います。
母親らしき人の言葉を読み取ると、骨河は家を継ぐため、侍になるために、相当の努力をしていたことが伺えるだけに、やるせない気持ちでいっぱいです。
今後の展開で、もしかしたら骨河も侍になれて、竜と一緒に、今度こそ八丸たちの仲間になってくれたらいいなと思いました。

前回の話で狙撃手が連絡した千隊長がまだ到着していません。
どのタイミングで現れるのかも気になります。
県下星でのお話をどう収集つけてくれるのか、次回も楽しみです。

スポンサーリンク
おすすめの記事